販売も行っている骨董品の買取店は間に入る業者の数が少ない

販売も行っている骨董品の買取店は間に入る業者の数が少ない

骨董品の買取と販売を行っているお店は、お客さんや買取り専門店などから流通される品物を、直接コレクターや愛好家などに販売するケースが多いといいます。
コレクターの中には、海外から買い付けする人やディーラなども含まれますし、愛好家においても海外のファンも大勢いるようです。
仮に、骨董品を買取専門店を使って売却したときの品物の流れは、自分→買取専門店→業者市場→販売店→コレクターや愛好家などのお客さんです。
しかし、買取と販売を行っている所に売却すると、自分→お店→お客さんの流れになるので、間に介入する業者の数が少なくなるので中間マージンが発生しないことからも買取価格が高くなる、このようなからくりがあるわけです。
中間マージンが発生すると、利益を出すためには少しでも安く仕入れを行う必要があるわけで、このようなケースでは骨董品の買取価格は下がる逆に販売も行っているような専門店なら高価査定など、これらの仕組みを理解しておきましょう。

骨董品を売却するときに販売も行っているところを利用した方が良い?

骨董品を売却するときには、第一に自分が売ろうとしている品物を得意にしているところをいくつか選ぶことが大切です。
例えば、掛け軸を売るとなったとにはそのお店が掛け軸の買取実績が豊富にあれば高評価を得ることができるようになりますし、日本刀を売却する場合も刀剣を中心に買取していたり強化しているなどの場合は他店で売るよりも高く売れる可能性が高まります。
これに加えて、骨董品を売却するときは買取専門店ではなく販売も行っているお店を使うと、買取専門店とは異なり中間マージンなど仲介手数料がなくなるため買取価格に貢献できるメリットがあります。
最終的には1つのお店に絞り込んで売る形になるわけですが、販売も行っていて得意ジャンルが一致している、このようなお店を3社~5社くらい選んで見積もりの依頼をすることで高価買取に繋がって来ます。
それと、見積もりを依頼するときは最初にLINEやメールを使った簡易査定ができるところを利用する方法もおすすめです。

骨董品に関する情報サイト
骨董品買取について

こちらのサイトは、遺品整理などで家の中を片付けていたときに発見したお宝、これの価値を知るために必要なことを初心者にも分かりやすく解説することにしましょう。骨董品の買取店には販売を行っているお店もあるのですが、このようなお店の場合は中間業者の数が少ない、日本や中国・西洋などそれぞれの国ごとに得意領域があるので査定依頼するお店を決めるときには中国製のものなら中国の作品に得意なところを利用することで価値を最大限に引き出して貰えます。

Search