家の中を整理していたらお宝発見!?骨董品買取について初心者にも分かりやすく解説!

こちらのサイトは、遺品整理などで家の中を片付けていたときに発見したお宝、これの価値を知るために必要なことを初心者にも分かりやすく解説することにしましょう。
骨董品の買取店には販売を行っているお店もあるのですが、このようなお店の場合は中間業者の数が少ない、日本や中国・西洋などそれぞれの国ごとに得意領域があるので査定依頼するお店を決めるときには中国製のものなら中国の作品に得意なところを利用することで価値を最大限に引き出して貰えます。

家の中を整理していたらお宝発見!?骨董品買取について初心者にも分かりやすく解説!

骨董品と聞くと、古い時代に製造された壺や食器類、掛け軸に茶道具などを連想される人も多いでしょう。
他にも、絵画や版画などのような美術品に日本刀などを思い浮かべる人は多いかと思われますが、お宝の中には日本のものではなく中国や西洋の骨董品も存在しているため、査定を利用するときには鑑定して貰いたいお宝が日本製のもののときには日本の骨董品の知識や買取経験が豊富な専門店を使うことがおすすめです。
それぞれ、得意領域があるのでそれを事前に把握することが大切です。

骨董品買取店の選び方を把握しよう

古美術品や骨董品などを売るときには、買取価格が気になる人は多いといえます。
少しでも高い値段で売れるところを使いたいわけですが、古美術品や骨董品などの売却価格は同一の品物でもお店が変わると値段も差がある、数千円や数万円程度の差はもちろん2倍や3倍などのケースもありますし、目利き力や鑑定力が乏しいところを利用すると本来10倍の値段になるようなものを安値で売却するなどのケースも少なくありません。
仮に、10万円で売れたけれども目利き力や鑑定力が高い専門店を使うと100万円になるなど、このようなケースは大損してしまうわけです。
なお、骨董品を売ることができるお店は買取専門店と販売も行っているところの2つがあり、販売も行っているところは商品を販売するまでの間に介入するのは自分が売却に利用したお店のみですから中間業者が介入しないため高額査定への期待ができます。
そのため、骨董品を高く売るためのポイントの一つとして販売も行っているところを中心に査定を依頼することをおすすめします。

10倍以上差があることも!同じ骨董品でも買取先により価格差がある

骨董品は一般的な商品のように定価やメーカー希望小売価格が存在しないため、大きな価格差が出ることがあります。
極端な例では一般的なリサイクルショップに持ち込んだ場合、その価値を適正に判断できずに家電製品や家具など家庭から出た不用品と同じような取り扱いになり、考えられないような安値で買い叩かれる可能性があります。
一方、骨董品の専門知識を持つ査定員が所属しているショップなら、その価値が適切に判断されて高額査定が期待できますが、ショップによっても差異があり買取額に10倍以上も差があることもありました。
既に同じような骨董品の在庫を抱えているショップなら、在庫をさばける目途が立たずに買取を躊躇するケースがあり、逆に在庫が枯渇する売れ筋商品ならば査定額を高くしてでも良質な在庫を手に入れようとします。
多くのショップでは見積もりは無料となっているケースが多く、複数のショップで査定を受けて最も条件の良い相手に売却するなどの工夫をしてお得に現金を手にしたいところです。

骨董品を買い取ってくれるお店は買取専門店と販売も行っているお店の2種類

骨董品が家の中から見つかったとき、多くの人々はその価値への期待を持ち査定を行っているお店をネットで探すのではないでしょうか。
素人ではどのくらいの価値があるのか分からないけれども、査定の依頼先を決めるときも分からないことは多いといえます。
基本的には、査定をお願いしたい品物のジャンルを得意にしているお店を選ぶこと、その中でも販売と買取の0つのサービスを提供しているところを選ぶことをおすすめします。
販売と買取の両者のサービスを持つところは中間業者が介入しないことからも、買取専門店より査定価格が高くなることが多い、そのため得意ジャンルの専門店を探すときには0つのサービスを利用できるお店を利用して骨董品の買取をすると良いでしょう。
なお、骨董品を買い取ってくれるお店は買取専門店と販売も行う0種類がある、販売してる店舗などでは骨董品の価格もホームページで確認ができるわけですから価値がどのくらいあるのか目安にすることも可能です。

骨董品の買取専門店の中には海外からの買い付けが行われるところも

骨董品を高く売ることができるようにしたい方も多く、高く売ることができるお店を見つけるための比較を行うことがとても重要になります。
納得できる金額で売れるようにするために、ショップそれぞれの特徴を知ることはとても大切です。
お店の違いをきちんと理解できるように、海外への販売も可能な専門店の情報をチェックすることをおすすめします。
骨董品の買取専門店の中には海外からの買い付けが行われるところもあり、国内での販売だけではなく、外国での販売も行うことができる強みに注目です。
他店にはまねできないことができるお店は強く、査定額アップも期待できます。
大量にある場合は、出張買取を利用することにより、スタッフにまとめて回収を依頼できるなど、簡単に売ることができる方法があります。
スムーズに売ることができるように、ネットで比較を行い、お店それぞれの特徴を把握してから、一人一人に合うサービスを決めることをおすすめします。

骨董品の目利き力や鑑定力の差は買取価格に影響を与える

複数のお店に骨董品の査定をお願いすれば、高額査定への期待も高くなります。
しかし、複数のお店にそれぞれ骨董品を持って行くのは手間がかかりますし、移動中に壊してしまうなどのケースもあるのでなるべく避けたいと考える人も多いのではないでしょうか。
目利き力および鑑定力の差は査定価格に影響を与えるものなので、3社以上は見積もりの依頼がおすすめですし、実店舗にその都度出向くことなくメールやLINEなどの無料簡易査定を行っているところを中心に利用すれば手間もかからずに高値で評価してくれる専門店を見つけることができます。
また、メールやLINE査定はいつでも申し込みができるわけですから、時間が空いているときに骨董品の写真を撮影してメールなどで送付すれば翌営業日には簡易査定結果が届きます。
なお、価値がある品物などのときには遠方の場合でも出張買取を行っているところもあるので、品物を郵送して買取することもできるわけです。

骨董品の鑑定力を調べるときは複数のお店に買取査定を依頼

骨董品は鑑定する人の知識や技術、そして経験値などで同じ品物でも全く異なる金額が提示されることになります。
異なる金額といっても数千円程度ならまだしも、数万円から数十万の違いが生じることも珍しいことではありません。
骨董品を売る側も少しでも高値でと考えるわけですが、目利き力や鑑定力があるお店を選ぶときのポイントは、自分が売りたい品物と同じジャンルの骨董品を数多く取引しているところを選ぶことです。
例えば、日本刀を売るとなったときには、他の品物よりも刀剣などを専門にしているところに査定をお願いすることで日本刀の価値を熟知しているため、評価をアップさせることもできるわけです。
この時注意したいことは、例え専門店でも目利き力などが十分ではないところもあるので、売りたい品物と同一ジャンルを専門にしているところをいくつか選ぶ、それぞれに対して査定見積もりの依頼をすることで高値で買い取ってくれるところを見つけられます。

買取査定は骨董品の写真を撮影してメールやLINEで行うのが便利

実家の整理をしていると、納戸からいくつかのお宝が見つかるケースがあるのですが、このようなお宝の価値は経験豊富な査定員や鑑定士が在籍している骨董品の買取店を使えば見出して貰うことができます。
ただし、経験豊富な鑑定士といってもそれは人間なので他のお店に行くと査定価格が高くなることありますし、逆に安くなることも少なくありません。
そのため、骨董品の買取店を選ぶときには3社以上に見積もりの依頼をする提示された金額を比較することが高価買取に繋がります。
この場合、それぞれのお店に査定の依頼をすることになるので時間的な余裕がない人などは複数の専門店への見積もり依頼が難しくなることもあるわけです。
しかし、LINEおよびメールを使った簡易査定なら写真を撮影して送付するだけなので、これらの簡易査定が可能な専門店をいくつか見つけておけば3社以上にお願いする場合でもあまり時間がかからないメリットがあるのではないでしょうか。

美術館の学芸員などが紹介する骨董品の買取店はコレクターからも注目

日本美術や中国美術、朝鮮美術などはアジア圏における骨董品の代表といえるお宝品です。
書画や掛け軸、お茶道具など美術品全般の買取や販売を行っているお店も少なくありません。
ちなみに、骨董品を取扱っているお店は大きく分けると買取専門店と販売も行っている2種類があります。
また、豊富な販売ルートを確保しているところは流通経路がある強みからも査定評価が高くなるケースが多いのです。
ホームページにアクセスを行うと、そこには多数の美術品の販売が行われていることが分かるのですが、その数は一部であり大半は倉庫内で眠っているなどのケースも多いようです。
なお、骨董品の中には専門外などからも高値で買取ができない品物があるとい、信頼できる専門業者の紹介を行っているところが安心に繋がりますし国内外の愛好家やコレクター、美術館などへの販売ルートを確保しています。
このようなお店を探すときには美術館の学芸員さんなどに紹介して貰う方法もおすすめです。

骨董品の買取は現金払いが主体になるので資金力も必要

骨董品の買取は、店頭買取や出張買取などのときにはその場で査定が行われて現金払いになるのが一般的です。
出張買取のとき、予想外に価値が高いものになったなどのときには振込になることもあるのですが、高額な査定ができることはそのお店には資金力があると考えても良いのではないでしょうか。
このような力があるのか否かは、お店の経営状態を調べてみないと分からないのですが骨董品に強い専門店の中でも、売りたい品物を数多く取引している専門店を数社見つける、それぞれに見積もり査定をお願いすることで資金を多く持つお店なら高額査定、あまりないお店は査定価格が下がることも珍しくありません。
ただし、査定額が他店よりも低くなる理由は様々であり査定額が低いからといって資金力がないとはいい切れません。
この場合は、ホームページに掲載してある買取事例をチェックして高額な取引の実績を見ることで適正な買取価格で提示ができる強みがあるなどの把握ができます。

骨董品に関する情報サイト
骨董品買取について

こちらのサイトは、遺品整理などで家の中を片付けていたときに発見したお宝、これの価値を知るために必要なことを初心者にも分かりやすく解説することにしましょう。骨董品の買取店には販売を行っているお店もあるのですが、このようなお店の場合は中間業者の数が少ない、日本や中国・西洋などそれぞれの国ごとに得意領域があるので査定依頼するお店を決めるときには中国製のものなら中国の作品に得意なところを利用することで価値を最大限に引き出して貰えます。

Search